いぬ / ねこカミサマ

いぬカミサマ・ねこカミサマ

それはテレパシー能力の
開花のために!

日本では、神の使いとして稲荷(狐)が古くから知られていますが、それは眷属界というものが神界の下に位置付けられていたためです。人間が古き神のくびきから解放され、そのステージを上げた結果、人間が飼っていた犬や猫などの動物の中からも、新しい眷属に格上げされるべきものたちが育っていることを認めて、いぬカミサマねこカミサマのはたらきを、天が許可することになりました。
人間が家族の一員として、ペットと接することで、太古の地球で、古き神がヒトと接して、その意識を急成長させたことが、再現されているというのが、天の認識です。これによって、地球の意識系は新しいステージに移行しますが、このいぬカミサマのイコンやねこカミサマのイコンを授けられたペットは、それを授けた飼主たる人間の間に、精神的な交流をする眷属界からの能力が附与されることになります。それは、言葉を使えない犬や猫が、ある種のテレパシーで交信してくれるかもしれないということです。
ペットを愛する人は、ペットと波動的交流をすることで、精神界の波動が、人間の意識とリンクしていることを学び、生命というものの目的にも接近できるようになります。特に子供達の精神的成長に、いぬカミサマ、ねこカミサマは貢献すると天は伝えています。

ご希望の方はこちらから
イコンシールでお使いになりたい方は、
1シート単位でお求めいただけます。
アプリでお試しになりたい方は、
1枚単位でお求めいただけます。

2 注文

降順